認知症の治療薬になるか?「メリスロン(成分名:ベタヒスチン)」

認知症の治療に役立つ可能性がある薬が発見された。

東京大学や北海道大学などの研究チームが、世界で初めて、忘れた記憶を復活させる実験に成功した。

実験は、38人の参加者に多数の写真を見せて、どれだけ記憶できるかをテストする方法で実施され、めまいの治療薬として使われている「メリスロン」を飲んだ場合と飲まなかった場合で、正解率を比較した。

その結果、薬を飲むと忘れていた写真を思い出すケースが増え、正解率が上昇した。

実験では、元々記憶の成績が悪い人ほど、薬の効果が大きく認められた。

忘れてしまった記憶をスムーズに思い出せるようになることが明らかになったことで、アルツハイマー病などの認知機能障害を治療できる薬の開発が期待されている。

忘れた記憶を薬で回復 認知症治療に役立つか/FNN PRIME

高齢者が増加する社会において、認知症の治療薬ができるのは明るい未来。

介護される高齢者だけでなく、介護する人の負担も少なくなります。
明るく楽しい老後があるならば、年をとるのも苦痛でなくなります。

メリスロンはエーザイの抗めまい薬

一気に注目を集めたメリスロンは、エーザイ(製薬会社)が開発した抗めまい薬。
メリスロンの成分はベタヒスチンメシル酸塩です。

ベタヒスチンメシル酸塩(商品名:メリスロン®など)、ジフェニドール塩酸塩(商品名:セファドール®など)は回転性めまいに効く薬です。抗めまい薬とも呼ばれます。

MEDLEYより

メリスロンの効能

  • 眩暈症の眩暈
  • 眩暈症の眩暈感
  • メニエル症候群の眩暈
  • メニエル症候群の眩暈感
  • メニエル病の眩暈
  • メニエル病の眩暈感

メリスロンは市販薬?

  • 認知症の予防になるのでは?
  • 物忘れが失くならメリスロンを飲みたい

このニュースに触れた人は、メリスロンを服用したい人もいるでしょう。

しかしメリスロンは、処方箋なしに薬局で購入できる市販薬ではありません。

現状では、めまいの治療薬として処方される薬ですから、病院で処方箋を貰わなければ服用することができない薬です。

メリスロンの副作用、飲み続けて平気?

メリスロンは副作用の少ない薬。
胃潰瘍の持病がある人、服用後に吐き気を感じた人は、注意が必要です。

メリスロンの主な副作用

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 過敏症
  • 発疹

出典:日経メディカル

メリスロンのジェネリック(後発医薬品)は?

メリスロンの後発医薬品は出ています。

メリスロンの後発医薬品

出典:薬価サーチ

コメント